起業の基礎知識

Share:

起業は一人でもできる!? 

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業を一人ですることについてまとめてみました。

起業したい人が、最初に直面する問題として、よく挙げられるのが「リソースが足らないこと」である。
具体的には、人が少ない・お金が足りない・技術的に不足している、などなどが挙げられる。
こうしたリソース不足の状況にいる起業家はなかなか仲間が集められないことが多い。
そうすると、一人で起業するしかないのだが、「一人で起業なんてできるのか」という主張もあるだろう。
そこで、今回は起業が一人でもできるかどうかについて、まとめてみた。

1.起業は一人でもできる
2.逆説的に、起業を一人ですべき理由とは

1.起業は一人でもできる

起業する際に、一人で起業することなんて、できるのだろうか。
結論から言うと、一人で起業しても何の問題もない。
会社設立に関する手続きの条件に人数の条件もないし、会社経営も一人経営する人がいれば十分である。

起業を一人ですることは法的にも実質的にも不可能なことなどないのである。

2.逆説的に、起業を一人ですべき理由とは

前章では、起業は一人でもできることを書いた。
そして、起業間もない頃こそ、一人での起業をお勧めする。
それはなぜか。
一見大変そうな一人での起業が、実は逆説的にやりやすいことの理由を説明していく。

意思決定がスピーディー
起業して間もない頃はとにかくサービス立ち上げをしなければならない。
そんな時に、議論や相談しながら進めていくと、それだけ時間がかかってしまう。
だがしかし、起業を一人でする場合には、自分の意思決定でどんどん進められる。
一人であることで、むしろ意思決定して行動するスピード感が早いのである。

事業に集中できる
人を採用したりすると、その分、相手の給料だったり、一緒に働いてもらうためのモチベーション管理だったりといったところがネックとなってくる。
しかし、一人で起業した場合には、こうした事業以外に気にしなければならないことがない。
なので、起業家が当初の間専念したい、事業への一点集中が可能になり、立ち上げまでの時間や手間が逆説的に減少するのである。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る