起業の基礎知識

Share:

起業する件数はどのようになっているのか

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業して事業を立ち上げる
件数が過去と比較して
どのようになっているのかについて
記事を書いてみました。

起業して事業を立ち上げることを考える
学生や社会人の方がいるが、実際のところ
起業する方はどの程度いらっしゃるのだろうか。
起業して事業を立ち上げる具体的な件数を
はじめとして以下のテーマでいくつかまとめてみた。

1:起業する件数はどうなっているのか
2:起業する件数の変異している理由の分析
 

起業する件数はどうなっているのか

起業して事業を立ち上げようと
考える学生や社会人の方が
他の職業と比較すると
多くないながらもいらっしゃり、
起業に関して興味を持つ方も
見られるようになってきた。
ところで、実際のところ起業する
方はどの程度いらっしゃるのか。

①会社設立数に関するデータ
起業して事業を立ち上げている人に関する正確なデータは
なかったものの、起業して会社設立し、事業を
展開する起業家の件数については以下のようなデータがある。
※法務省「民事・訟務・人権統計年報」、国税庁「国税庁統計年報書」より引用
kigyou_kensuu_shiryou

②年別会社設立数は一旦減少するも再度上昇中
年別の起業して会社を設立する件数は
1991年より一旦減少傾向であったが、
1998年以降は途中に減少する年を挟みつつも
上昇する傾向が見られる。
つまり、一度は新たな起業家人口が
減少し始めていたが、近年は
上昇傾向にあると言えるのではないだろうか。

起業する件数の変異している理由の分析

前章では起業して会社設立される件数が
どのように変化しているのかを見てきたが、
現状のような結果となっているのは
いったい何故なのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①減少傾向の理由は平成初期の不況か
起業家人口が減少し始めた1990年代はじめは
日本の経済におけるバブルがはじけ、平成不況に
突入し始めた時期である。
不況の時期には基本的にリスクを好んでとることを
考える方はなかなかいないだろうし、
起業自体がリスクであるとする考えが
現在ほどITでの起業が多くなかった当時は
あっただろうと考えられる。
ゆえに、起業する人が一時的に
減ってしまったのではないだろうか。

②起業家人口上昇の理由はヒルズ族などの登場か
1990年代末には
起業して設立される会社件数は
増加してきているものの、
中でも起業人口が著しく増えているのが
2004年から2007年あたりである。
これらの年にはライブドアの堀江貴文さん(当時)や
楽天の三木谷浩史さん、サイバーエージェントの
藤田晋さんといったIT起業家が
その拠点を六本木ヒルズに構える起業家が多かったことに
由来してヒルズ族と呼ばれるようになった時期が被る。
上記の方々に影響を受け起業に踏み出した方が
いらっしゃるのではないだろうか。

以上、年別の起業して会社設立される件数と
その理由についていくつかまとめてきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る