起業の基礎知識

Share:

起業することは苦しいのか

起業しようと考えた際に
周りの人から反対される際に
「起業すると色々と苦しい」ということを言う人がいる。
しかし、本当にそうなのだろうか。
下記のテーマでいくつかまとめてみた。

1:起業が苦しいとされる要素
2:起業を苦しいと思わないために
 

起業が苦しいとされる要素

起業しようと考え、それを話すと
起業することは苦しいという旨の発言を
されたことはないだろうか。
本当にそうなのだろうか。
起業すると苦しいとされる要素をいくつか
まとめてみた。

①サラリーマン、バイト時代にはあり得なかった仕事量
サラリーマンやアルバイトをしているときは
多少残業してしまうことがあったとしても
基本的には決まった時間に出退勤して
その時間に見合った給料をいただくことができる。
しかし、社長ともなるとそうもいかず
自分が結果を出して稼いだお金に
見合った収入が手元に入る。
結果次第で収入が変動するし、
その結果を出すためにも1日の時間に
より多くの思考と行動の投入しなくてはならず、
結果として苦しいのではないだろうか。

②出すべき結果が出ない
前述した通り起業したならば結果を
出すことが求められるが、
その結果が出ない状態となってしまうと
それにより焦りと不安が生じて
苦しいと感じてしまうのではないか。

起業を苦しいと思わないために

前項では起業することが苦しいと感じる要素
についていくつかまとめてきたが、
そのようなことを原因として起業を諦めないようにするには
どうすれば良いのだろうか。

①本当に自身の関心のある分野で事業で立ち上げる
自分の中で本当に関心のある分野で事業を立ち上げないと
事業に多くの時間を投入する苦しさから長続きせず
結果として挫折してしまう。
そうならないようにするためにも
自分が関心のある分野で起業することが重要である。
加えてそこに共に働く仲間や応援してくれる方々が
ついてくれるようになるとそのことがモチベーションとなって
さらに仕事を苦しいと感じずコミットしていくことができる。

②収益性と永続性のある事業かどうか
事業とそれを運営する会社を結果を出しつつも
続けていくためには事業を通して着実に収益が立つことと
そのことが永続することが求められる。
収益性を事業に持たせるためには
事業自体がしっかりとターゲット顧客とそのニーズを
しっかりと捉えていてそしてその市場がある程度規模を
持つものであるかどうかが重要である。
永続性を持たせるためにはその顧客ニーズが一時的なものでなく
市場規模も成長性のあるものかどうかが重要である。
立ち上げた事業に収益性と永続性を持たせるには
徹底的に顧客のことや事業のことを考えぬく必要がある。

以上、起業が苦しいと感じる要素や
それによって挫折しないようにする方法をいくつかまとめてきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る