起業の基礎知識

Share:

起業する前に知っておきたい、LLCとは?

WILLFUインターンの中井です。
今回は、起業して会社設立する際に登場する、LLCという単語についてまとめてみました。

起業してから会社設立することを考えた際に、会社の形態をどうするかというのは、起業家にとってかなり重要なところである。
そんな会社設立の際に、LLCという言葉を聞いたり、見たりすることがあるかもしれないが、その意味がわからない方もいらっしゃるのではないだろうか。

そこで、今回は、起業におけるLLCとはそもそも何かについて以下の内容で詳しくまとめてみた。

1.起業における、LLCとは
2.起業をLLCですることの長所短所

1.起業における、LLCとは

そもそもLLCとは何か全くわからないという方もいると思うので、簡単に説明しておく。
LLCとは、いわゆる合同会社のことである。
そしてこの合同会社というのが、2006年に新たに施行された法律によって誕生した会社形態であり、有限会社の代わりに登場したものである。(なので、みなさんも有限会社という会社形態を聞いたことがあるかもしれないが、実は、有限会社を新たに設立することは不可能である)

アメリカでは一般的な会社形態で、日本でもapple japanや西友といった有名な会社が実は合同会社である。

2.起業をLLCですることの長所短所

株式会社ではなく、LLC(合同会社)で起業することにはどんな長所・短所があるのか。

LLCで起業することの長所
LLCで起業することの長所としてはまず、会社設立費用の安さがあげられる。
株式会社を起業しようとすると、設立費用は25万円前後なのに対し、合同会社は8万円前後。
しかも、会社の社員の責任も、無限責任ではなく有限責任である。
そして、利益の配当も株式への出資割合に関係なく、自由に配当できる・機関に関するルールが自由というメリットがある。

LLCで起業することの短所
一方で、LLCにもデメリットがある。
それは、LLC形態での起業は、資金調達できないこと。
起業家として事業を成長させていくことを考える方の中には、
「投資家から資金を集めて、サービスを急成長させて上場させたい」と考える方もいるかもしれない。
しかし、LLCでは株式割合に応じた配当ができないだけでなく、そもそも上場すらできないので、資金調達という仕組みの恩恵を受けることはそもそもできないのである。
株式と引き換えに資金調達することを考えるなら、株式会社しか選択肢はないのである。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る