起業の基礎知識

Share:

起業でマッチングのサービスが流行る理由

最近、Facebook連携を利用したマッチングサービスで起業する
会社やスタートアップが増加傾向にある。
だがそれは果たしてなぜなのだろうか。
マッチングサービスに関心のある方やマッチングサービスとは何か
わからない方でもわかりやすいようにマッチングサイトが人気となっている
理由やその具体例をいくつかまとめてみた。

1:起業でマッチングのサービスが流行る理由
2:起業におけるマッチングのサービスの具体例
 

起業でマッチングのサービスが流行る理由

ここ数年でマッチングサービスが普及を見せる理由はいったいなぜなのか。
いくつか推測される理由をまとめてみた。

①Facebookとの連携によって信頼性を獲得したから
これまでにも恋愛系のアプリをはじめとしたマッチングサービスは数多く存在していたが、その課題としてネットならではの匿名が生み出す信頼性のなさや
危険性が課題として存在していた。 しかし、実名登録制のFacebookの
登場によりこれらの課題を解決できる信頼性や安全性が保証されるように
なってきた。

②セキュリティの充実
これまでの出会い系と称されるマッチングサービスには
対人的なトラブルに巻き込まれる危険性が潜在していたが
弁護士や運営によるチェックが頻繁に行われることで
これらの解消にある程度成功し、信頼性を獲得している。

起業におけるマッチングサービスの具体例

前項では起業においてマッチングサービスが
流行する理由を説明してきたがそれでは
マッチングサービスの代表例としてはいったい
どのようなものが挙げられるだろうか。
いくつか代表的なものをまとめてみた。

①Tinder
Tinderはアメリカ、ロサンゼルス州にあるデーティングサービスの最大手
であるIACがリリースしているスマートフォン向けの男女マッチングアプリ。
男女のマッチングアプリ自体はたくさんあるのだが、
特徴としてFacebookとの連携サービスであることもあるが
最大の特徴としては「Tinder独自のUI」が挙げられる。
独自のUIとはどのようなものかというと、
まず異性(設定次第では同性も)の顔写真が表示されるのだが、
その顔が好みであれば画面右にスワイプ、そうでないなら画面左にスワイプ
することで即座にマッチング判断できるというものである。
このUIはユーザーの手間を省いたわかりやすさから人気が有る、
恋愛系以外でも他の事業領域でのサービスにおいても
数多く使われるものとなっており、Tinderの知名度向上に一役買っている。
tinder_image

②pairs
日本のスタートアップである株式会社エウレカの
リリースする男女のマッチングサービス。
男女がそれぞれの顔やプロフィールをもとに
いいねをして、それが双方で行われるとマッチングする。
これまでの男女のマッチングサービスでは実現できなかった
安全性や信頼性をFacebook連携や弁護士による保証などに
よって実現している。
なお、エウレカは2015年5月にTinder傘下の
The Match Groupによって買収されている。
pairs_image

③SENSY
洋服と人とのマッチングサイト。
ユーザーは洋服を好きなものならば右にスワイプして、
そうでなければ左側にスワイプする。
ここまでで気付かれる方もいると思われるが
サービス設計はいわば「Tinderの洋服版」である。
sensy_image

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る