起業の基礎知識

Share:

起業に向いてる人とは?

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業に向いてる人とは一体どのような
人なのかについてまとめてみました。

起業しようと考えているものの
自分自身が起業家としてやっていけるのか考えたり
周りに反対や批判されたりして起業が果たして自分に向いているのか
考えてしまう方がいらっしゃるのではないだろうか。

そのような方に向けて、起業家として働くことが
向いてる人とは一体どのような人なのかについて
まとめてみました。

1:起業に向いてるかどうかを分ける要素
2:起業に向いてる人はいるのかどうか
 

起業に向いてるかどうかを分ける要素

まず、起業に向いてるかどうかを考えた際に
それを分ける要素が起業家自身に備わっているのか
どうかという点から考えて見る。

それでは、起業家に向いてるかどうかを
分ける要素としてはどのようなものがあるのだろうか?

まず挙げられるのは
①起業家自身が最後までやりきることができるかどうか
ではないだろうか。

というのも起業家としての仕事をしていると
努力をしても結果につながらないことが起こる。
そして結果が出ないと収益も入らない。

だからと言って仕事を投げ出せば、起業家の仕事はできない。
ゆえに、起業家が自分で結果を出すまで事業にコミットし続けられるか
どうかが、起業家に向いてるかどうかを分ける要素の一つである。

②金銭の無駄遣いがないかどうか
起業家として仕事をしていると
誰かしらから金銭を借りない限りは
自分の財産でやりくりしていかなくてはならない。

そうすると、会社の金銭に余裕がないのだが、
この時に無駄遣いしてしまうと後戻りが効かない。
なので、起業家は金銭の無駄遣いはできないし、
無駄遣いをする人には投資家も資金調達をしない。

起業に向いてる人はいるのかどうか

前章では起業することへ向いてるかどうかを
分ける要素を説明してきたが、それでは
起業に向いてる人はいるのだろうか。

結論から言ってしまうと起業に向いてる人と
そうでない人はいる
と言える。

だが、そうはいっても起業家自身が先天的に
優れているかではなく、先述してきた
金銭を無駄遣いしないか、最後までやりきれるかどうかである。

起業家自身が自分の持っている金銭を無駄遣いしないことも
自分が責任を負っている仕事をやりきることも
最終的には、起業家自身が自分の意思と覚悟をもって
実行に移すことができるのかどうかである。

なので、起業家になりたいのであれば自分が起業に
向いてるかどうかに思案を巡らすのではなく、愚直に
やると決めているものをやりきっていったほうが良い

以上、起業することに向いてる華道家を分ける要素、
そして起業に向いてる人がいるのかどうかについて
言及してきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る