起業の基礎知識

Share:

起業したらノートを活用しよう

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業した際に活用すべき
ノートについて記事を書いてみました。

起業して事業を立ち上げたり
そのために行動していくと
何かしらの成長に結びつく
気づきが得られるのではないだろうか。
そんな時に起業家の方には
ノートをとる習慣をつけることを
お勧めしたい。
では、なぜ起業家であればノートを
とる習慣をつけると良いのか。
下記の2テーマでいくつかまとめてみた。

1:起業してからノートをとることのメリット
2:起業したらノートをとるべき項目
 

起業してからノートをとることのメリット

起業して事業を立ち上げたりと
仕事をしていく中で様々な気づきが
得られるのではないだろうか。
そういった状況がある起業家で
あるので起業したらノートを
とる習慣をつけることが重要なのではないだろうか。
起業した際にノートをとることにはどのような
メリットがあるのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①得られた気づきを再確認ことができる
起業して事業を立ち上げると
実は仮定していたニーズよりも
より多いニーズがあることや
競合が同様のサービスを展開していたなど
様々な気づきが得られる。
そうしたものを書き留めておくと
後々再確認することが容易になるので
仕事の効率やレベルが向上する。

②記憶に定着しやすい
自分が得た気づきを文字化することで
書くという作業が入る分、
頭にとどめておくことよりも
記憶に定着することが期待される。

起業したらノートをとるべき項目

起業して得た気づきを
ノートにとることのメリットについて
前述してきたが、起業して
ノートにとるべき項目とは
一体なんなのだろうか。

基本的には必要性を感じたら
全てノートにとるべきだが、
中でも記録しておくべきものを
いくつかまとめてみた。

①リサーチ結果や競合状況等のデータ
起業家であれば当然記録するべき
ものであるが、顧客ターゲットに
対しての調査結果や自分が新たに
発見した競合に関してなどの
情報をノートにとるべきである。

そうすることで自社の強みを
考える際や顧客ニーズを詰めていく際に
見直しがしやすくなる。

②アドバイスやフィードバック
起業して立ち上げて事業や
会社の運営の仕方に対しての
自分の信頼できるメンターや
アドバイザーからいただいたアドバイスや
フィードバックもノートに取っておくべきである。

そうすると自身の修正すべき点が
再度確認しやすくなり、
課題をすぐに再確認できるようになる。

以上、起業して得た気づきなどを
ノートにとることのメリットや
ノートにとるべき項目について
いくつかまとめてみた。

もちろん、紙のノートでなく
スマートフォンやPCのメモ機能などで
構わない。
重要なのは得た気づきを忘れないようにすることである。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る