起業の基礎知識

Share:

起業をフリーターからするには

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業をフリーターから行う
ことについて記事を書いてみました。

起業して事業を立ち上げようと
考えている方の中には
現在はフリーターとして
仕事をしている方が
いらっしゃるのではないだろうか。

起業するということを
考えた時にフリーターであることは
どのような影響を及ぼしうるのか。
以下のテーマでいくつかまとめてみた。

1:起業はフリーターからできるのか
2:起業においてフリーターに求められるものとは
 

起業はフリーターからできるのか

起業することを考えた時に
現在の職業がフリーターである方であると
「起業家としては高学歴であることが求められるのではないか」
「正社員としての社会人経験が起業において重要なのか」
ということが気になるのではないだろうか。
起業することは果たしてフリーターという職業から
できることなのだろうか。 いくつかまとめてみた。

①起業はフリーターからできる
起業することはフリーターからできるのかどうか
でいうと、起業はフリーターであってもできる。
起業に最低限必要となるのは基本的に自宅と
設立金程度であり、他に資格などが特に必要となるわけではない。

②起業においてフリーターは不利な要素ではない
起業家という職業は仕事において結果を
出せるかどうかがすべてであるので、
フリーターであったとしても
それ自体が不利な要素となるわけではない。

起業においてフリーターに求められるものとは

前章では起業することにおいて
フリーターであることは何の問題も
ないことを説明してきた。
では、起業することにおいてフリーターには
どのようなものが求められるのか。

結論から言ってしまうと求められるものは
他のどんな起業家とも変わらない。
具体的なものをいくつかまとめてみた。

①事業にコミットすること
起業家として働くのであれば
フリーター時代の仕事の仕方と異なり、
限られた時間内でだけ働いていけば良いわけではない。
それどころか、24時間ずっと事業のことを考えることが
要求される。 起業家として、そして社長として働くということは
誰よりも事業を考え抜き責任を持つということなのである。

②結果を出すこと
前述した通り、起業家であれば立ち上げた事業で
結果を出すことが要求される。
そこまでにあった過程や苦労などは関係がない。
起業家として仕事をするならば、
成果を出していくこととそのために泥臭く
多少苦しいと考えることにも耐えるような
精神的なものが求められるのである。

以上、起業することにおいて
フリーターであることは何も
問題がないこと、そしてフリーターであっても
求められるものは他の起業家と変わらないことについて
言及してきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る