無料説明会 & 体験授業を予約

起業の基礎知識2016.04.11

起業できないなら、プチ起業から始めてみよう

WILLFUインターンの中井です。
今回はプチ起業についてまとめてみました。

起業したいと考えているものの
実際に今起業しているわけではなく
数年後の起業を目指す社会人の方がいらっしゃるのでは
ないだろうか。

だが、あまり良い話ではないのだが、
起業を志すサラリーマンの
ほとんどは起業を全く経験することなく
社会人生活を終える。

その理由は様々だが、
安定した給与を失うことへの恐怖や
家庭や自分の生活費などという
物を背負っているがゆえに
挑戦ができずにいるということが
あげられる。

このような理由で
挑戦できない人がいるというにはなんらおかしな話ではないし、
むしろそんな中でいきなり挑戦しろと言われる方が
圧倒的に難しいのである。

だとしても自分がやりたいと思っていたチャレンジが
結果を出すまでもなく、始まりすらしないというのは
受け入れ難い事実ではないだろうか。

上記のような理由で挫折しないためにも
プチ起業をしてみると良いかもしれない。
その理由を、いくつかまとめてみた。

プチ起業することの持つ意義

プチ起業をすることには
どのような意義があるのか。

①生活費を会社以外で稼ぐチャンス
プチ起業で立ち上げた事業は
売れれば売れるほど実際に売り上げになるので
生活費としての金銭をどんどん稼ぐことができる。
なので、実生活において、まず資金面でプラスである。

②事業立ち上げができる
プチ起業といえども起業は起業。
実際に事業を立ち上げているので
事業のマネジメントや金銭の使い方、
戦略立案など身につくことが沢山ある。
事業立ち上げの事実に規模は関係ないのだ。

③今後のキャリアの選択肢が増える
プチ起業として立ち上げた事業がうまくいけば、
その事業を継続して仕事していくと言うことも
できるようになる。
実際に、学生ですらネットでの販売事業で
月に100万円の利益を算出している。
社会人でも、できないわけがない。

実際に収益化できれば、
会社で働かずとも自分の力で
物を販売したりして生活できるとわかり、
就職する必要性がなくなるだろう。

起業する人の中には、
週末起業ともプチ起業ともいうような
感じで事業を立ち上げた結果、それがうまくいき
事業化したケースはいくらでもある。

このケースは特にSNSサイトなどが多く、
人さえか込めれば広告費などでどうにでもなる、
と言えるのかもしれない。
ブログでも立派に事業化できるかもしれない。
そう考えれば、起業できそうではないだろうか。

以上、プチ起業することによって
得られるものをいくつかまとめてきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

RELATED ENTRY

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

学生が起業を学ぶ
ビジネススクール

WILLFU STARTUP ACADEMY

詳細を見る

本気の学生起業家の
ためのシェアハウス

WILLFU STARTUP VILLAGE

詳細を見る