起業の基礎知識

Share:

起業の大変さはどのぐらいなのか

WILLFUインターンの中井です。
今回は一般的に大変と言われることの多い
起業の大変さが一体どのぐらいのものなのかについて
記事を書いてみました。

起業するということについての
世間一般でのイメージとしては、
「意識が高そう」や「社長になれる」
などが多い。
一方、仕事面での起業に関する
イメージとしては
「起業すると大変さが他の仕事の比ではない」
というものが多いのではないだろうか。

実際のところ起業の大変さは
どのようなものなのだろうか。
下記のテーマでいくつかまとめてみた。

1:起業の大変さとはどのようなものか
2:なぜ起業を大変さにも関わらずするのか
 

起業の大変さとはどのようなものか

世間的に大変であると言われることの多い
起業するという仕事の仕方。
とはいえ、通常の生活をしていると
起業する人など身の回りに
ほとんどいないので、
起業の大変さがよくわからないという
方が多数派なのではないだろうか。

起業家という職業の大変さは
具体的にはどのような要素から
構成されているのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①創業期においては立場が弱い
創業間もない頃であると
世間一般としては会社における
トップという立派なポジションである社長は
決して強い立場にいない。

というのも創業期にはなかなかメンバーが
集まらず、一緒に働きたい方に対しても
給料をなかなか出すことができず
さらに顧客となりうる方々に
お願いしたりするなどして
集客をしていくことも珍しくない。

つまり、初期において創業メンバーや
顧客などのあらゆる他人に対して
頭を下げ続けなければならないような
立場に社長は立たされるのである。

②泥臭い仕事も多い
IT系のスタートアップにせよ
営業を中心としたオフラインでの
事業の多いベンチャーであっても
初期のうちはとにかく集客して
収益を上げていくことが求められる。

その過程では地道にWEB上などでの
マーケティング施策や集客戦略といった
立ち上げてから軌道に乗せるために
必要な泥臭い仕事も数多く要求される。

一見かっこいい、イケているような会社であっても
内部ではそうした仕事をたくさんしているのである。

なぜ起業を大変さにも関わらずするのか

前項では起業の大変さとは具体的にどのような
ものなのかをいくつかまとめてきた。
では、起業家として働く人々は
その大変さにも関わらずなぜ起業という
仕事の仕方を選んだのか。
いくつかまとめてみた。

①立ち上げる事業の持つ社会的意義から
会社に社員として所属することなく
起業する理由としては、自身の立ち上げる
事業が既存の事業では解決できないものの
社会的に意義のある価値を実現できるもので
あることが理由の一つとしてあげられる。

近年、社会起業家と呼ばれる起業家が
誕生しつつある傾向にあるが彼らは
社会の抱える課題を解決していくことを
目標として事業を立ち上げている。

②自身の真にやりたいと考える事業を立ち上げるため
会社内で事業を立ち上げるとなると
その会社の制約のもとで事業を
立ち上げていかなくてはならない。

そのような制約なく自身の真に
実現したい事業に取り組むために
自身で起業するのである。

以上、起業することの大変さが
具体的にどのようなものであるのか、
そして起業の大変さにもかかわらず
なぜ起業する方がいるのかを
いくつかまとめてきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る