起業の基礎知識

Share:

起業体験が学生に与える影響とは

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業体験というテーマで
まとめてみました。

大学生のほとんどは、1〜2年生で
サークルや部活、アルバイト、もしくは
学生団体、大学の勉強といったものに取り組み、
3〜4年になるとそれらを就活のネタにしつつも
基本的には就職という選択肢をほとんどが選んでしまう。

しかし、中には「大学入学時に起業したいと考えていたのに
結局のところ起業できずに終わってしまった」だったり、
「自分のやりたいと考えていることは起業すれば実現出来ることが
今になってわかったが、就活に入ってしまっているので今更
そちらにシフトするのも怖い」といった
ように時間切れと起業への怖さから起業できずに終わった
起業志望者も見受けられる。

彼らが起業に踏み出すことができなかったのは
何が足らなかったからなのだろうか。

結論から言うと、それは「起業体験」であると言える。
起業体験とは一体何なのか。
いくつかまとめてみた。

起業することにおいて重要な起業体験とは

起業することを考えた時に、起業体験と
言うものが重要であるということを言及してきたが、
起業体験というものは一体何か。

起業体験とは簡単に説明すると
「小さくてもいいから実際に事業を立ち上げみる」

ことである。

小さいながらも自分で事業を立ち上げて利益額を出そうとすると
そのためには「どこにいるどんな顧客に何を売るのか」を
決定しなくてはならない。

その上でさらにそれをどうやって販売していくのか
といったことも決定していかなくてはならない。

実際にやってみるとわかるのだが、これだけでも
利益額を上げるのは意外と難しい。
そのために必要とされる時間は1日の時間の
ほとんどに及ぶかもしれない。

そうすると、実際に自分で立ち上げている事業を
成功させるために必要な経営者としての
考え行動する姿勢が身につくし、
結果が出れば学生本人の自信にもつながる。

果たして本当に起業した人が起業体験を
していた経験があるのかというと、
その答えはYESである。

匿名だが事例を説明する。
とある大学院生がコンサルからのフィードバックを元に
戦略を練って大学の出店をしたところ
なんと「他の出店の3倍の売り上げ」を出すことに成功し、
その利益額は他のアルバイトに渡しても
十分な利益額であったという。

彼は現在、とあるベンチャーを起業して
サービスを今も成長させ続けているが、
彼曰く「文化祭での成功体験で自分でも戦略を
練って事業をすればこれだけの利益が生み出せる」
という大きな自信につながったという。

この経験を大学の早いうちからできれば
自分でも起業できる
と感じて起業にシフトできるし、

失敗したとしても起業体験による成長
が社会人生活においてプラスになることは間違いない。

以上、起業体験についていくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る