起業の基礎知識

Share:

起業家は、ファッション感覚でやらないこと。

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業家をファッション感覚ですることについて、まとめました。

社会人で起業する人だけでなく学生ながらに起業家として事業を立ち上げる人が登場してきたことによって、起業することに対する世間一般でのハードルは、少しずつだが徐々に下がってきたように思われる。
もちろん、自分で事業を立ち上げていく人が増えていくことについてはたくさんのメリットがあるし、今後の日本経済の面でも本人のキャリアの面でも有益なことは間違いない。

ただ、起業をいい加減にやっている場合は話が変わってくる。
近年、起業する人の数が増加してきている中で、残念ながら「起業をファッション感覚で始めてしまう」というケースも同様に増えてきてしまっている気がする。
こうした、起業家をファッション感覚で始める人が現れる理由や、その危険性をいくつかまとめてみました。

起業家をファッション感覚で始める人が増えた理由

その理由としてあげられるのは、やはり、「起業家のかっこよさ」にあるのだろう。
起業家として活躍している人々は、大きなミッションやビジョンを掲げて、それに向かって事業を進めている。
そんな姿を見ると、起業家という仕事に憧れを持つ人が現れるのだが、そのうちの一部の残念な方々が、真似事をして自分の自己満足欲求を満たしているのだろう。
俗に言われる「意識高い系(笑)」と、基本的には相違ないのではないだろうか。

起業家をファッション感覚で始めることの危険性

起業家をファッション感覚で始めるのは、正直言って、かなりデメリットばかりなのでやめたほうが良い。
その理由としては、次のようなものが挙げられる。

多くの人から信用を失う結果になりかねない
起業家として仕事をすると、人材採用やサービスの提供などをはじめとして数多くの人と関わることになる。
そんな状況でファッション感覚のいい加減な仕事をしていると、納品レベルも低くなるので、当然ながら信用を勝ち取れない。
社会人として仕事していく中で最も重要なのは「時間」と「人からの信用」である。
その片方を中途半端に失う危険性が、ファッション感覚で起業には含まれるのだ。

本人の時間浪費にしかならない
起業家として事業を立ち上げていくと、成長スピードが早いだとか言われる。
確かにその通りである、が、これは起業家として本気でやり抜いた時に得られるものである。
もちろんいい加減に起業家として活動していても、緩やかな成長しかできないし、「起業家として成長している」と勘違いしかねない。
そんな状況は本人のためにもならないので、やるなら本気でやろう。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る