起業の基礎知識

Share:

起業家の給料について

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業家がどのように給料を
決めているのかについて
記事を書いてみました。

孫正義さんやサイバーエージェントの
藤田晋さんなど起業して立ち上げた
事業が成功していて多くの収益を
あげている起業家であれば
多くの給料をもらっていると考えられる。

しかし、一般的なサラリーマンと呼ばれる
会社員の方々と比較して
起業家として働く人が少ないこともあり
起業家がどのようにして
自分のもらう給料を決めているのか
いまいち想像がつかない方が
いらっしゃるのではないだろうか。
そのような方に向けて起業家の
給料について下記のテーマで
いくつかまとめてみた。

1:起業家の給料と会社員の給料との違い
2:起業家の給料の決め方
 

起業家の給料と会社員の給料との違い

起業家として成功している方であると
会社員として働くことでは得られないような
たくさんの給料が得られることは
知っているものの、その給料が
会社員の給料と比較した時にどのような
違いがあるのかよく分からないという方が
いらっしゃるのではないだろうか。
そのような方に向けて起業家と会社員との
給料についてその違いをいくつかまとめてみた。

①時給制ではない
アルバイトや会社員といった
会社などに雇われる仕組みの
働き方をすると働いた時間に応じて
給料が支払われる仕組みとなっているが
起業家は仕事において出した結果に
よる収益に応じて自分の給料が変動する職業である。

②仕事の成果の影響を受ける
会社員として仕事をする時には
自分が仕事において成果を出したり
もしくはかなりの失敗をしてしまっても
給料には何の影響もない。
しかし起業家であると成功するとその分だけ
収入を増やすことができるし、
一方で仕事において赤字や収益が上がらないという
結果となるとその分だけ給料も下がってしまう。

起業家の給料の決め方

前項では起業家の給料システムと
会社員の給料システムとに

どのような違いがあるのかについて
言及してきたが、そもそも起業家の給料とは
どのように決まっているのだろうか。

①起業家の報酬は役員報酬
起業家は自身の報酬が役員報酬という
ものになっており、会社員のもらう
給料とは根本的に構造が違い、
一定時期に設定額を
もらう仕組みとなっている。

②定款か株主総会の決議で設定
役員報酬を定める際には自身の報酬額を
取締役への報酬として具体的に定款上に設定する、
もしくは株主総会で決議を行って
それによって役員報酬を決定するという
方法が挙げられる。

以上、起業家の給料と会社員との
給料のシステムにはどのような違いがあるのか、
そして起業家の給料はどのようにして
設定されているのかについて
まとめてきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る