起業の基礎知識

Share:

起業家にバイタリティが求められる理由

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業家にバイタリティが求められる理由を
いくつかまとめてみました。

起業家という職業は
大企業をはじめとした競合に対し
仕事への愚直なコミットメントにより
圧倒的な成長スピードや実績を
積み重ねていくことで
成功をかちうることのできるものである。
(それ以外にも顧客が本当にいるか、などを考える必要はあるが)
そのような状況に置かれても

起業家として仕事し続けていくために
必要なこととしては起業家自身の
バイタリティではないか。
そのバイタリティとは
一体なんのことを指しているのかと
それが求められる理由をいくつかまとめてみた。

起業家に求められるバイタリティ 

起業家に求められるバイタリティ

起業家に求められるものがバイタリティであるといっても
その言葉の意味するものは抽象的でわかりにくい。
そこで、バイタリティといったときに
それが表す要素は一体なんなのか。
そしてなぜそれが求められるのかをいくつかまとめてみた。

①体力
バイタリティという言葉の意味するもの
として、1つ目は体力である。
スタートアップやベンチャーを立ち上げ、
会社を大きくするには事業を圧倒的に
成長させていくことが必要である。
そうすると、かつての孫正義氏や藤田晋氏、
稲盛和夫氏といった起業家がそうであったように
仕事に多くの時間を割くことが求められる。

そして、仕事を長時間続けるためには
それだけ働いても限界でない体力が必要である。

②メンタルの強さ
バイタリティという言葉の意味するもの
として、2つ目はメンタルの強さである。
事業を立ち上げて会社を運営していくと
初期段階などには、集客や収益化に
苦戦してしまうことが考えられる。
そうしたときに気持ちが折れると、
そのあとの起こりうるビジネスチャンスも失われる。

精神的な辛さを原因として
事業を諦めることのないためにも
起業家には仕事における一時的な苦戦に
耐えうる、さらにそこから圧倒的成長に繋がる
コミットに専念できるような強いメンタルが求められる。

③積極性
バイタリティという言葉の意味するもの
として、3つ目は積極性である。
具体的に言うならば、自分で仕事を作り出したり
目標設定などを率先してしていくことである。
なぜこの能力が求められるかというと
起業して社長になると大企業のときと異なり
「誰かが仕事を設定してくれること」はもちろん、
「仕事を推進するためのもの」を作るのも
自分でやらなくてはならない。

社長以上に会社のことを考える人間というのは
基本的に存在しないので、圧倒的な結果を出すための
自分や仲間の仕事効率を上げる施策といったことを
積極的に考えることが求められるのである。

以上、起業家に求められるバイタリティの
その意味するものと理由についていくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る