起業の基礎知識

Share:

起業家の社会における役割とは?

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業家という職業に就く人の
社会での役割について記事を書いてみました。

我々が社会で働くとき、その職業は雇用関係の
下で働く従業員をはじめとして、公務員や
資格が必要な士業など様々なものがあげられる。

そんな数ある職業の中でも、起業家という職業を
選び、働いている人は決して多くない。 
特に、日本ではその傾向が顕著である。
(それぞれの人が起業家という職業を選ばなかった理由に
違いがあるとしても、である。)

そのこともあり、起業家という職業が
社会においてどのような役割を果たすのか、
いくつかまとめてみた。

起業家の社会における役割

大学生の進路として選択されることが非常に多い
企業への就職や公務員、士業。
これらの職業が社会においてどのような役割を
果たしているのかを説明するのは
あまり難しくないように思われる。

しかし、ほとんどの大学生や社会人が
生涯のキャリアの中で選択することのない
起業家という職業は、その社会における役割が
いまいちイメージがつかないのではないだろうか。

起業家という職業が社会にもたらす役割、
それは大きく言うと3つのものがあげられる。

まずあげられるのは
①新しい価値と仕事を生み出すこと
である。

そもそも、起業家という職業を簡単に説明すると
「顧客に何らかの価値を提供する代わりに金銭をいただく」
というものである。
その際に、既存の会社や事業で解決できるものを立ち上げても
顧客にとってはあまり価値にならない。
それゆえに起業家は新たな価値を生み出し続けるのである。

また、起業家として仕事をするということは
ほかのあらゆる職業と違い、自分自身で
仕事を引き受けてきたり生み出したりすることになる。
そうすると、社会に仕事が増えることにもなる。

次にあげられるのは
②社会を成長させること
である。

起業家は先述した通り、社会に新たな価値を生み出している。
その中にはITやテクノロジーといった技術の力で
社会の成長を実現させるものもある。
起業家は社会の成長を促すという役割を
自社のプロダクト開発を通じて実現しているのである。

最後にあげられるのは
③社会の経済にも成長をもたらすこと
である。
起業家が日々新たな価値を提供するものをつくることで
消費者はお金を消費する。 
さらに、社会的に価値をもたらしそうな起業家に対して、
投資家やVCと呼ばれる方々が資金を株と引き換えに
提供し、起業家は価値を生み出すために資金を投資する。
そして、起業家が成功すると起業家の会社や起業家、投資家に
お金が手に入り、起業家の一部は個人的に投資活動をすることで
どんどん金銭の流通が増えていき、経済の成長に結びつく。

以上、起業家の役割について、いくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る