学生起業家情報
2016.08.03

ニートこそ、起業に向いている理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は「ニート」と呼ばれる方々が、起業に向いている理由についてまとめてみました。

ニートと呼ばれる人々がいる。
ニートの定義は「15〜34歳までの非労働力人口のうち、通学しておらず、家事を行っていない若年無業者」である。
つまり、高校生・大学生や社会人として外に出ていない上に、家事をするわけでもない状態の若者である。

こうした人々に対する世間的な評価は風当たりが強く、仕事するのも厳しいというイメージを持たれがちである。

対して、起業の世間的イメージは、「超リスクが高い」、「優れたビジネスマンがやって成功できること」というイメージである。
ゆえに、ニートと起業とは無縁にすら感じられるのかもしれない。

しかし、ニートの現状を冷静に分析してみると、起業するのに最適な状況であると言える要素が沢山あり、ニートだからこそむしろ起業に向いていると言えるのである。

なぜ、このようなことが言えるのか。
ニートの持つ起業における強みとその説明を元に、ニートが逆説的に起業に向いている理由をまとめてみた。

ニートに起業が向いている理由とは

「ニートに起業が向いている」といきなり言われても説得力が全然ないのではないだろうか。
そこで早速、ニートに起業が向いている理由を、その向いているとする要素をあげながら説明していく。

ニートが起業に向いている理由2:常識や固定概念にとらわれにくい
起業家が立ち上げるサービスのほとんどは、「現状のサービスで解決できなかった課題をITやテクノロジー等で解決する」ものが比較的多い。
なぜなら、起業して成功するサービスを作るには、大企業が簡単にできるものでは勝ち目が薄く、介在価値も弱いからである。

だからこそ、起業家には「従来の常識や固定概念」を打ち破る、そんな切り口でのサービスが求められる。
しかし、就職してしまうと会社や業界のルール、そして社会常識的なところまで「当たり前のもの」として認識してしまい、それがいつからか「前提条件」として刷り込まれてしまうのである。
そうなると、「従来の常識や固定概念」は疑うことができなってしまい、起業家ならではのサービスが生み出せなくなる。
一方で、ニートは社会経験が少ない場合が多く、「従来の常識や固定概念」については無知である。
そして無知ゆえに、それらにとらわれず、自由な発想でサービスを立ち上げていくことができるのである。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示