学生起業家情報
2015.09.28

起業して赤字にならないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業してみたものの事業がうまくいかずに赤字化している
という話はよく聞かれるものである。
一方で、事業自体はニーズが本当にあったり
実際に売れているのに結局は赤字であるという話もある。
だがそれは一体何故なのか。
起業したいと考えている人の参考となる情報を提供すべく
いくつかまとめてみた。

1:起業して赤字になるパターン
2:起業して赤字にならないために
 

起業して赤字になるパターン

起業して事業を立ち上げたものの赤字化してしまうということは
特段珍しくもない話だが、中には一見うまくいっていそうだが
実は赤字というパターンも存在している。
そのようなものも含めて赤字になるパターンをいくつかまとめてみた。

①売上よりもコストが高い
実際にニーズがあって顧客がかなり買ってくれるので売上は高いが
赤字化しているというパターンには、まず会社でかかるコストが
売上と同じぐらいかかっているという原因が考えられる。
売上がどれだけ高くともコストがそれを超えてしまっていたりすると
結果としては、物を売ってわざわざ損をしているという
赤字の状態となり、事業をすることによる恩恵がない。

②売上の回収ができていない
商品を実際に購入されていたとしても顧客からその購入費の回収ができて
いなければ、結果として赤字と変わらない。
というのも売上が売上として本当に換算できるのは
顧客からそれを実際に回収できたときであり、
回収できていなければ実質的に手元にお金のない状況で
倒産してしまうからである。

起業して赤字にならないために

起業して赤字にならないためには
一体どのようなことに気をつけるべきか。
いくつか注意しておくべきことをまとめてみた。

①しっかり利益を出す
売上は商品の値段とそれを買った顧客の人数を掛け合わせた
合計値でしかなく、それにかかったコストが考慮されていないので
本当は赤字なのか黒字なのかというところまで確認できない。
よって仕事をする際には、当たり前だが、売上ではなく
そこから商品を生み出すことや会社の経費などのコストを差し引いた
利益額がしっかり黒字化しているのかどうか確認しておく必要がある。

②事業を続けていくことができるか
一時的に利益が生じるものの、商品自体のクオリティが低く2度と
買ってもらえない状態や、短期的に売れる流行り物などを売っている
場合、それは長いスパンで見たときに失敗する事業である可能性が有る。
このような失敗をしないためにも事業計画を考える段階から
顧客ニーズが本当にあるものなのか常に確認することや、
自分たちのプロダクトを顧客目線で満足されるクオリティで作ったりすること
が求められる。

以上、起業と赤字に関する話をいくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示