学生起業家情報
2015.10.27

起業して会社設立するために必要な貯金は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業して会社を設立しようと考えた時に
必要となる貯金額などをまとめてみました。

起業して会社を設立しようとした時に
登記するためのお金や資本金といった
ものが必要となってくるが、正確には
どのぐらいの貯金があれば
起業することができるのか。
下記の内容でいくつかまとめてみた。

1:起業する際に必要な貯金は
2:起業のための貯金を作るには
 

起業する際に必要な貯金は

起業して会社を設立しようと考えた際に
必要となるお金には会社設立費と
資本金があるが、そのために最低でも
いくら貯金しておく必要があるか。
いくつかまとめてみた。

①最低でも25万1円が必要
起業する際には
定款に用いる収入印紙代金と定款の謄本手数料、
定款認証料、そして登記時の登録免許税という
会社設立費に25万円、資本金に最低1円が必要なので
最低でも25万1円が必要である。
ただし、信用や経営を考えると資本金1円では
不十分であるので、起業資金は実質的に
もっと必要である。

②税理士に相談すると費用を安くできる
税理士などの代行業者にお願いした場合、
上記の収入印紙代を専用機器による電子定款で
行ってくれるので無料で作成でき、
さらに起業資金を安くすることが可能である。

起業のための貯金を作るには

前章では起業して会社を設立するために
必要な貯金はいったいいくらなのかを
まとめてきたが、その貯金を作るためには
どうすればよいのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①アルバイトや有給のインターン
まず挙げられる方法としては、
アルバイトやインターンで仕事をすることで
その給料をもらうことで
起業のための貯金を得るということが挙げられる。
時間さえ割けばその分だけお金が手元にはいるが
アルバイトやインターンに専念して
自分たちの立ち上げる事業のスピード感が
遅れないようにすべきということがある。

②借金や資金調達をする
資金を生み出すために借金や
投資家から資金調達をするのも
方法としてあげられる。
この方法において注意すべきことは
借金をする際には失敗してもリスクにならないよう
身近な人などの融通の利くかたから借りるべきであり、
投資家からの資金調達も、株との交換なので
株主として仕事に関わられても良い方から
すべきということである。
一方で株主の投資家選びに成功すると、
メンターとして相談できる関係が
構築できるというメリットもある。

③自分でスモールビジネスを立ち上げる
借金やバイトなどをせず、
自分で立ち上げたスモールビジネスでの
資金稼ぎも方法としてあげられる。
起業家としての考え抜く力などが身につくという
メリットがあるが、ビジネスである以上適当に
立ち上げると赤字になる可能性があることに
注意すべきである。

以上、起業して会社を設立しようと考えた際に
必要な貯金がいくらなのかと
その貯金を作る方法をいくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示