学生起業家情報
2015.10.27

起業してコンサルタントをすることに関して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業してコンサルタントで
事業を立ち上げることについて
記事を書いてみました。

起業して立ち上げる事業として
コンサルタントを考えている方が
いらっしゃるのではないだろうか。
そのような方に向けて
コンサルタントで事業を立ち上げることの
メリットとそのことで起こりうるデメリットを
以下のテーマでまとめてみた。

1:起業してコンサルタント事業をするメリット
2:起業してコンサルタントをする前の注意点
 

起業してコンサルタント事業をするメリット

起業して立ち上げる事業として
顧客の抱える何かしらの課題感を
解決するための相談と具体的な
打ち手を提示するコンサルタントを
考えている方がいらっしゃるのではないだろうか。
コンサルタントで事業を立ち上げることには
どのようなメリットがあるのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①余分なコストがかからない
コンサルタント事業は顧客の抱える課題の
相談に応じて、それぞれに対して
解決策を提示するというものである。
よって、プロダクトを製造したり仕入れて
販売するという原価、それを販売するための
店舗を抱えることによる固定費などが
かからないという金銭面でのメリットが存在。

②顧客と直接関わりやすい
IT系での事業立ち上げや複数店舗抱えての
事業立ち上げと異なり、直接顧客の
相談に乗って課題解決策を提示するという
仕事の仕方をするので、顧客本人と
直接関わるということがより多くなる。
なので、顧客の課題解決をすることに関して
そのことの実感が得やすい。

起業してコンサルタントをする前の注意点

前項ではコンサルタントをすることの
メリットについてまとめてきたが
コンサルタントで事業を立ち上げることには
どのような注意すべきことがあるのか。
いくつかまとめてみた。

①実績と結果が特に求められる
起業すると当然自分の事業で
実績や結果を出すことや
出したことが求められるが
コンサルタントの場合、
このことが特に求められる。
というのもコンサルタントとは
顧客が業者に対してお金を支払う代わりに
自分たちに有益なアドバイスやフィードバックを
もらうというビジネスモデルであり、
そのアドバイスなどが結果として役立たないものであれば
金銭面でのコストだけが発生するに
終わってしまうからである。

そうすると顧客は2度と自分たちのサービスを
利用しないし、過去の利用者からの悪評などが
広まり、誰からも利用されなくなる。

②かなりの知識が要求される
コンサルタントとしてアドバイスするのを
仕事にするならば当然、それなりの
専門知識が要求される。
専門知識がなければ相手に的確なアドバイスは難しいし
実際、コンサルタントには
何かしらの資格を持っている方が一定数存在している。

以上、起業してコンサルタントで事業を
立ち上げることのメリットと
その際の注意点とについて
いくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示