学生起業家情報
2015.09.25

起業を飲食店でするのが難しい理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食事をすることが好きな方や起業を考える方であれば
自分で居酒屋や飲食店を立ち上げて経営していこうと
考える方がいらっしゃるかもしれない。
しかし、飲食店経営というのは様々な点から
他の事業領域と比較して難しい。
そのことに関連して下記の2点でまとめてみた。

1:起業を飲食店でするのは難しい
2:起業して飲食店を立ち上げる前に
 

起業を飲食店でするのは難しい

起業を飲食店という形で立ち上げることを
考えたことのある方はある程度いらっしゃるのではないだろうか。
実際に脱サラリーマン起業の典型的な代表例でもある。
だが同時に飲食店経営は難しいとも言われている。
その理由はなぜか。 いくつかまとめてみた。

①店舗を構えることが必須
飲食店であれば基本的に店舗を構えることが必要となる。
(料理を作ったり食事をとれる場所を設ける都合で)
しかし、そうなると場所代といったコストが発生してしまう。
起業時点で場所代というコストがかかることを避けられないのである。

②必要な在庫が劣化しやすい
飲食店で提供するメニューを作るためには材料や原料を顧客に提供すべく
数多く抱えなくてはならない。
しかし、顧客がそれらを均等に食べることは当然ないし
在庫の食材は冷蔵、冷凍しても時間とともに劣化していく。
飲食店においては材料の劣化は顕著であり、在庫を抱えてしまうと
それがすぐに仕入れ値すら回収できない赤字になってしまう。

③在庫を抱えなくてはならない
前日したように料理を提供するために材料の在庫を抱えなくては
ならないのだが、材料は管理環境に気をつけなければすぐに劣化するので
冷蔵庫や冷凍庫といった設備を用意しなくてはならなくなる。
このことによって電気代がかかるというリスクが発生するし
さらにはそのための場所も必要となる。
他の事業領域と異なり在庫管理の費用だけでなく
在庫の品質維持費も多くのコストが必要となる。

起業して飲食店を立ち上げる前に

では、起業して飲食店を経営する前にはどういったことを
検討しておくべきかを数点まとめてみた。

①日持ちする食材で起業できないか
飲食店という業務形態上、在庫を抱えなくてはならないが
なるべく長い間利用できるように日持ちする、賞味期限の長いものを
選んでおくべきである。

②売れてから仕入れる方法はないか
起業するにしても飲食店でなくてはならないのか。
飲食店経営を考える方の中には事業案を考えずに
ブームなどを理由にとりあえず飲食店で起業する方がいる。
しかしこれでは当初は売れても後々失敗する。
このような事態になる前にも起業を飲食店でしないといけないのか
しっかりと考えるべきである。

以上、起業して飲食店経営することの難しさの原因と
飲食店を立ち上げる前にできることをいくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示