学生起業家情報
2016.04.26

起業するなら知っておきたい、事業売却とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は、起業して事業を立ち上げたい人ならば、
その前に必ず知っておきたい事業売却について
まとめてみました。

実際に事業を立ち上げて、会社を成長させていきたいと
考えている起業志望者であれば、やるからには成功したいと思うのが
当然のことでは無いだろうか。
それでは、起業家にとって成功していると言えるのは
一体どんな状況だろうか。

大体の人であれば、事業で収益をあげることで
会社を東証のいずれかの市場に上場させるまでの
時点を一区切りの成功と考えるのでは無いだろうか。

確かに、これは間違いではなくむしろ正しいのだが、
実は会社がある程度成功したと言える状態を生み出す方法が
もう一つだけある。

その方法こそが、
事業売却なのである。

果たして、事業売却とは一体どのようなことなのか。
下記の内容でいくつかまとめてみた。

1:事業売却とは
2:事業売却で得られるものとは
 

事業売却とは

そもそも事業売却とは何か。
簡単に説明すると、事業売却とは
「自社のサービスを他者との取引により
その権利を売却すること」
である。

会社と会社が取引できるものというと、
商品が思いつくが、会社間で事業の
権利を売却することもできるのである。

事業売却で得られるものとは

上場以外の、成功の基準として
事業売却というものをあげてきたが、
事業売却をすること、してもらうことには
それぞれどのようなメリットがあるのだろうか。

①事業売却することのメリットとは
まず、事業売却することにはどのようなメリットがあるのか?
売り手側のメリットとして一番にあげられるのは
「自社とそのメンバーごと、事業をそのまま買い手の会社に
譲ることができるので買い手会社のリソースだったり
ノウハウだったりの恩恵を受けながら事業を進められる」
ということが挙げられる。

起業して間もない頃はもちろんだが、
急成長の途中であっても起業家の会社には
リソースやノウハウが多いわけではない。

そんな会社にとって、買い手会社のそれが
使えるようになるというのは
かなり戦略が広がる。

②事業売却してもらうことのメリットとは
逆に、事業売却をしてもらう側には
どのようなメリットがあるのか。

大きい会社になると、社内の人数が多かったり、
事業立ち上げがうまい人ばかりが社内にいるわけではなかったりで、
新規事業立ち上げに何らかの課題感を抱えている場合がある。

そうなった時に、自社で投資しても上手くいかない新規事業部に
コストをかけず、急成長している事業を会社ごと
買収してしまえば、その金額で確実に急成長事業が
自社の手に入るのである。

以上、起業して何をするのか決まっていない人に
向けて記事を書いてみました。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示