学生起業家情報
2015.10.26

起業する事業のプレゼン資料作成のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業家さんのプレゼンについてまとめてみました。

起業して事業を立ち上げようとしている方であれば
その事業をビジネスコンテストで発表したり、
投資家の方からの資金調達の説得のためなど
様々な目的に向けて
プレゼン資料を作ることを
要求されるのではないだろうか。

ではいったいなぜ、プレゼン資料を作るべきなのか。
そしてプレゼン資料を作る際には
どのようなことに気をつけるべきか。
下記の内容でいくつかまとめてみた。

1:起業する事業のプレゼン資料を作ることの意味
2:起業する事業のプレゼン資料の注意点
 

起業する事業のプレゼン資料を作ることの意味

ビジネスコンテストや投資家の方に
事業説明する際にPowerpointを
用いてのプレゼン資料が作成されることが
比較的多いが、そもそもなぜ
事業内容のプレゼン資料を作るべきなのか。
その理由をいくつかまとめてみた。

①事業を相手に正確に伝えるため
口頭だけでの事業の説明をすると
聞き手であるビジネスコンテストの
審査員や投資家の方に伝わりづらい
事業計画となってしまう。
なぜなら耳で聞いている情報は
すぐに飲み込むには時間がかかるだけでなく
イメージが人によって異なるためである。

そこで、Powerpointによるプレゼン資料を
用意することで、聞き手の方が耳だけでなく
視覚的にも理解できるようになり
自分たちの考える事業が伝わる。 
その結果として、イメージの共有も
できるようになるのである。

②起業家自身の事業計画の見直し
起業家自身がプレゼンを作成することなく
頭の中だけで事業を考えていると
自分の中でもまとまりがつかなくなり
よくわからない事業になってしまう可能性がある。
そうならないようにすべく、
起業家自身が自分の事業を視覚的に
見直す機会としてプレゼン資料を作ることに
意味があるのである。

起業する事業のプレゼン資料の注意点

前項では起業して立ち上げる
プレゼン資料の必要性について
まとめてきたが、作成する際に
注意すべきこととしては
どのようなことが挙げられるだろうか。

見やすくわかりやすいスライド作りをする
Powerpointでプレゼン資料を作る
理由としては、聞き手の方がプレゼンを見たときに
内容を正確に理解することができるように
するためである。
よって、プレゼン資料は見やすくわかりやすいものを
作る必要がある。

プレゼン資料を作る上で
陥りがちなこととしては、
各スライドに文字が並びすぎてしまい
聞き手の方にとって重要な情報が
伝わらなくなってしまうこと。

そうならないためにも
グラフや図、絵といった
視覚的な理解を促すものを
積極的に取り入れて
文字を減らしつつも、
各スライドに盛り込む要点は
1つに絞っておくべきである。

以上、起業して立ち上げる事業の
プレゼン資料を作るべき理由と
その際の気をつけるべきことを
まとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示