学生起業家情報
2015.10.03

起業すれば楽できるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、この記事を読んでいる方の中には
起業したいと考え、さらにそこにおいて
できるだけ楽な方法で成功することを
したいと考える方がいらっしゃるかもしれない。
だが、果たして起業して楽に成功する方法など
ありうるのだろうか。
以下の2点でいくつかまとめてみた。

1:起業に楽できることなんてない
2:起業すれば楽できるという言葉に惑わされてはならない
 

起業に楽できることなんてない

起業したいと考えている方の中には
「その結果成功して自分の手元に莫大な利益が入ること」
をできるだけ楽な方法でできないか考える方もいらっしゃるかもしれない。
さらに、ネット上で販売される情報商材の中には
「楽して稼ぐ」ことにフォーカスしたものもある。
だが、起業することにおいて楽に利益を得ることなど
できるのだろうか、まとめてみた。

①楽して稼げる事業はない
一部の起業家が内心で考えているほかでもございませんが
ネット上での情報商材の売り文句としても用いられる
「楽して稼ぐ」という言葉だが、
結論から言ってしまうとそのような事業は存在しない。
起業すると立ち上げた事業のことや顧客への打ち手などを
考える必要があるので労働時間が必然的に多くなるほか
どんなに顧客のイメージなどを描いても結果的に
うまく行かない事業があったりと
収益化と永続性に失敗することもある。
事業にフルコミットしてもうまく行かない事業があるのに
情報商材を買っただけで楽に成功する事業は存在しない。
仮に楽して成功できる事業があったとしても
冷静に考えればそれを不特定多数には配信しないはずである。

起業すれば楽できるという言葉に惑わされてはならない

前章では起業すれば「楽に成功する」方法など実は存在しないし
むしろ労働時間と仕事へのコミット量が増加するということをまとめてきた。
起業すると楽であるという言葉に
惑わされず事業を進めていくにはどうすれば良いのか。

①起業することにおいて楽な方法はないと考える
前述したように起業すると事業の成長と収益化に
フルコミットしていかなくてはならないので
起業すると楽できるわけではないと考えるべきである。
もし楽をしようとして情報商材などを買ってしまうと
その結果が出ることのないまま事業が終わるだけである。

②仕事する基準をビジョンなどに設定する
起業して楽に成功する道に逃げようとする方は
仕事をする上で重視している基準が
「いかに楽できるか」ということになる。
それゆえに楽して儲かるとされるな手段に飛びついてしまう。
しかし、仕事の楽かどうかを基準に仕事するのではなく
「立ち上げた事業がどれだけの人に価値をもたらすか」
を基準にしていくと、事業を続けていくことにおける
楽をしたいこと以外を理由に見つけられる

以上、起業においては楽に成功する方法は
なく、ほかのことを事業を続ける理由に設定したほうが
やる気が途切れず詐欺にも会いづらいことをまとめてきた

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示