学生起業家情報
2015.10.28

起業家とボランティアとの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業して事業を立ち上げることと
ボランティアとの違いを
いくつかまとめてみました。

起業家として事業を立ち上げていくことと
ボランティアとして仕事をすることには
「志を持って仕事している」という
共通点があるので、仕事としては
似ていると考える方が
いらっしゃるのではないだろうか。
しかし、起業家とボランティアとには
埋められない違いが存在する。
この違いとは一体何なのか。
下記の内容でいくつかまとめてみた。

1:起業家とボランティアとの違いとは
2:起業家がボランティアにならないためには
 

起業家とボランティアとの違いとは

起業家とボランティアとには
「志を持っている」という共通点があるので
仕事の仕方が似ていると考えられるかもしれないが
両者との間には決定的な違いがある。
その違いとは具体的にはどのようなものなのか。
いくつかまとめてみた。

①マネタイズする必要性の有無
起業するということは
辞書的な定義では
「収益を得るために事業を立ち上げること」であるし
この要素は会社設立するとさらに強くなる要素である。
しかしボランティアにおいて収益化することは
必ずしも必要な要素ではなく、
無収益で慈善活動的に行っていたりする。

②結果を出すことの必要性
起業して事業を立ち上げると
会社や事業を存続させるために
結果を出していくことが
必要となってくる。
具体的には収益を出すことや
事業を利用したことによる実績を出すこと
などであるが、ボランティアはこれらが
求められないし、存続させていく必要もない。

起業家がボランティアにならないためには

仕事への思いは似ているものの
起業家とボランティアとの間には
埋めようとしても埋められない
決定的な違いがあることについて
前述してきたが、
起業家がボランティアにならないためには
どうすればよいのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①収益化する
起業して事業を立ち上げる場合には
相手の幸せを考えるだけでなく、
収益化していく必要が有る。
起業家として仕事をすることは
それで生計を立てていく必要が有ることを
意味するので、収益なしには
起業で仕事していくことができないからである。

②永続性を事業に持たせる
会社として事業を立ち上げると
ボランティアのときと比較して
事業を簡単に断念するわけにはいかないし
前述した収益化のためにも
事業に永続性をもたせていく
ことが重要である。 

そしてそのためにも立ち上げた事業においては
実績や結果を出していくことが
求められてくる。

以上、起業家とボランティアは
一見すると似ている仕事であるが
決定的な違いがあること、
そして起業家がボランティアに
ならない仕事をするにはどうすれば良いのかを
まとめてきた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示