学生起業家情報
2015.10.28

起業家として働く若者があまり多くない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業家として働く若者があまり多くない
理由などについて記事を書いてみました。

起業する高校生や大学生が
登場してきているが、
現状として在学中に起業家として
働く高校生や大学生はほとんどいない。
それは一体なぜなのか。
そして若者のうちから起業家として
働くことにはどのようなメリットがあるのか。
以下の内容でいくつかまとめてみた。

1:起業家として働く若者が少ない理由
2:起業家として働く若者のメリットとは
 

起業家として働く若者が少ない理由

起業家として働く大学生や
高校生が近年登場しつつあるが、
それでもまだまだ起業家として
働く若者は少ない。
なぜ起業家として働く若者は
依然として少ないのだろうか。
いくつかまとめてきた。

①学校生活を満喫したいから
高校生であれば学校の授業が終わった後に
部活や学外で遊ぶこと、もしくは勉強をすることを、
大学生であればサークルやアルバイトなどしつつ
友人と飲みに行ったり遊びに行ったりという
楽しい生活を送ることができる。

しかし、起業して事業を立ち上げるとなると
サークルやバイト、遊びはいうまでもなく、
学生生活を満喫することも困難になってくる。

友達と距離を取ってまで孤独に
起業するという決断は学生にとっては
犠牲の必要な苦渋の選択となるので、
なかなか起業しようと考えられないのではないか。

②起業に対してイメージが良いわけではない
起業するということに関して
あまり職業的に理解していない
学生であると、失敗した際に
莫大な借金をする、ギャンブル
のように成功確率が低いというイメージを
持っていたり、意識高い系とされる方々が
目指す仕事とみなされていたりする。
そうするとそもそも起業することを
現実のものとして考えることすらなく
終わってしまうのではないだろうか。

起業家として働く若者のメリットとは

前項では起業家として働く
若者が少ない理由について言及してきたが、
起業家として若者が働くことには
どのようなメリットがあるのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①早くから挑戦できる
高校生や大学生といった学生のうちに
起業に挑戦するということは
人生の早いうちから起業に
挑戦できることを意味する。
起業する上でビジネス経験が多いことは
非常に学びが多く、若いうちの失敗は
キャリアにあまり大きな影響もないので
今後の社会人生活にも大きなメリットである。

②社会から一定の評価が得られる
学生の多くが遊んでいる中で
会社を立ち上げて仕事していくというのは
周りに遊ぶことなどの誘惑が多い学生の現状を
考えると難しいことである。
そして学生のうちから仕事で成果を出すことは
さらに難しいことである。
なので、起業に失敗しても
会社などから評価される。

以上、起業家となる若者があまり多くない理由と
起業家として若者が働くことのメリットを
いくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示