起業の基礎知識

Share:

エンジニアが、起業に向いている理由

WILLFUインターンの中井です。
今回は、エンジニアが起業に向いている理由をいくつかまとめてみました。

起業して世界的に成功している起業家には、エンジニアが多い。
例えば、twitterの共同創業者であり、squareのCEOでもあるジャックドーシー、facebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグ、appleのスティーブジョブズ、microsoftのビルゲイツ。
彼らに共通している点としてあげられるのは、「エンジニアの出来る起業家」であるということだ。

そのほかにも、シリコンバレーと呼ばれる地域からは今でもエンジニアが数多くのサービスを開発してきている。
このことから、エンジニアが起業家に適していることが推測できるが、なぜ、こんなにもエンジニアから起業家になり、成功する人が割合的に多いのだろうか。

エンジニアが起業に適する理由

なぜ、エンジニアが起業に適しているのだろうか。

会社存続のための金銭を稼ぐ手段が多い
会社存続をするためには、起業家自身が最低限の生活ができるだけの金銭が必要となるのだが、起業したての会社であればそんな余裕がないことが多く、赤字続きで会社資金が底尽きて廃業してしまうことも珍しくない。

しかし、エンジニアの場合、自社の事業が収益化できず、資金調達できない場合、受託という手段を用いることで、資金を稼ぐという手段を有している。
エンジニアのコードを書く能力は未だに貴重なので、そのスキルを用いて他会社から案件をもらうことができるという強みがあるのだ。

失敗許容回数が比較的多い
飲食や販売業をはじめとした、在庫や店舗を抱える事業では、事業運営のコストが高いので、失敗を数回してしまうとあっという間に会社資金が底付きて終わりとなってしまう。
一方で、エンジニアがネットで起業する場合には、サーバーと通信環境、そして1台のPCさえあれば開発できるので、失敗を数回することができる。(だからと言って、何回も失敗できるわけではないが)

それゆえに失敗から得られた経験値や反省を踏まえて、次の成功のためにどうすればいいか考えながら次に進めるのである。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る