起業の基礎知識

Share:

起業してすぐの求人はどうすれば良いのか

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業して間もない方であると
考えたことのあるだろう求人について
記事を書いてみました。

起業して間もない事業や会社には
創業メンバーや共に働いてくれる
友人というのは大企業とは異なり
なかなか集まりづらい。
そうするとどのようにして求人
していけば良いのだろうか。
下記の内容でいくつかまとめてみた。

1:起業して間もなくの求人は難しい
2:起業して間もない頃の求人方法
 

起業して間もなくの求人は難しい

起業して間もない事業や会社において
求人をすると様々な問題から
大企業と比較して人が集まらない。
それはなぜなのだろうか。
いくつかまとめてみた。

①知名度が皆無
当然ながら、起業して立ち上げられたばかりの
事業やスタートアップ、ベンチャーは
大企業や有名企業と比較して
その知名度は圧倒的に低い。
そうすると、求人をネット上などで出しても
あまり見向きされない可能性がある。
仮にVCから出資を受けていても
世の大半の学生や社会人は基本的に
ベンチャー・スタートアップの界隈に
あまり詳しくないので大差ない。

②先行きが見えないので募集が少ない
スタートアップやベンチャーといった企業は
事業内容として興味深い事業に取り組んでいたり
創業メンバーが人として魅力的であったりするものの
先行きの見えない企業であることに変わりないので
過程を抱えていて生活費が必須の社会人をはじめとして
ジョインすることを躊躇される可能性が高い。

起業して間もない頃の求人方法

起業して間もない頃の求人は
大企業などと比較して
様々な問題から困難であるが、
それでも人材を獲得するには
どのようにしていけば良いか。
いくつかまとめてみた。

①優秀な人を友人紹介してもらう
スタートアップやベンチャーが
人材を獲得していく中で有効な方法として
友人に紹介してもらう方法が考えられる。
実際にBizreachの南壮一郎氏が
CTOの方を雇った経緯も
「リクルートに勤める友人に職場で最も優秀な
エンジニアを紹介してもらう」
というものであった。

②条件をよくしてアルバイトを雇う
大企業や従来のアルバイトよりも
融通の利く労働条件を設定することで
優秀なアルバイトを雇うことも
方法としてあげられる。

大企業での仕事や従来のアルバイトでは
家事と両立できず働けていない
優秀な主婦層などを獲得するのである。

③優秀な学生インターンを雇う
創業間もない頃のベンチャーやスタートアップの
有効な人材確保手段としてあげられるものに
優秀な学生インターンを雇うことが挙げられる。
というのも学生を雇う費用は
(学生のアルバイト代は安いので)
社会人と比べても安くすることができるし
学生インターンの中には将来的な起業を目的として
働きに来る優秀な人材がいるからである。

以上、起業して間もなくの
求人は大企業などと比較して
困難が伴うこと、
どのように求人していくべきかを
いくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る