起業の基礎知識

Share:

起業に関する悩みまとめ

起業したいと考えているが一歩踏み出せない、
もしくは起業してみたもののなかなか結果が出ない
という悩みを抱える方は一定数いらっしゃるのではないか。
そのような方の抱える悩みを大きく二つに分けて
その対策をいくつかまとめてみた。

1:起業に踏み出せないという悩み
2:起業がうまくいかないという悩み
 

起業に踏み出せないという悩み

起業に関するよくある悩みの例としてまず挙げられるのは
「起業へと一歩踏み出すことができない」ということである。
その原因としては自信のなさからくる不安や失敗時のリスクを
考えてしまうことで起業という選択肢に恐怖を感じてしまい
結果として何もできないということが挙げられる。
これらの悩みを抱える方が起業できるようにすべく
いくつか悩みとその解決方法をまとめてみた。

①どんな事業で起業したらいいかわからない
そもそも起業して立ち上げる事業が思いつかず
何もできないと考えているケースである。
このような問題を抱える方にありがちな思考法として
「楽天やサイバーエージェントなどのように大きい規模の斬新なビジネス」
を自分で考えて立ち上げていかなくてはならないといったものが挙げられる。
しかし、そもそも起業とは事業を立ち上げてそれに対して顧客が金銭を
払いさえすれば価値あるものであり、そこに事業の斬新さなどは
必須であるかと言えばそうではない。
つまり、起業しようと考えた際の事業は顧客のことを考えているものであれば
基本的に価値あるものと言えるのである。
もし、それでも事業が思いつかなければ過去の成功事例に習うのはどうか。
というのも現在日本で注目を浴びる音楽ストリーミングサービスも
最初は海外のスタートアップが始めた事業である。

②失敗によるリスクが怖い
次に、失敗したことによるリスクを背負うことが怖いというものである。
この悩みを抱える方にも「起業に失敗して倒産したら手元にお金がなくなり
借金に追われなくてはならないほか、金銭のなさから生活できなくなる」
といった誤った認識があると考えられる。
というのも最近の起業形態ではどこかから返済義務のある借金をする
起業の仕方以外にもVCなどの投資家から返済義務のない資金調達を
受けたり、そもそも資金調達しなくとも着実に収益化できる
マーケティング事業などであれば借金なく起業できる。
起業に失敗してのリスクとしてはせいぜい失敗した自分が
恥ずかしいということぐらいなのである。

起業がうまくいかないという悩み

前章の悩みに加え起業したもののうまく行かないという悩みも
一定数存在している。
これらの悩みの対策案をいくつかまとめてみた。

①仕事量を増やす
一見単純な要素に思うが、実はこれこそ成功を大きく左右する。
本田技研工業の創業者の本田宗一郎氏も京セラの創業者の稲盛和夫氏も
年に5000時間以上働いていたという。
これらの起業家でさえかなりの時間を仕事に費やしているのだし、
成功したいと考えているならば仕事時間を多く費やすことは重要だと言える。

②事業の抜けている部分がないか再確認
事業計画の段階で抜け漏れがあると時間を費やしても
ほとんどうまくいかない。
事業を続ける前に顧客ニーズが本当に存在するものなのか、
マネタイズ方法がしっかり定まっているか、
集客方法が実現性のあるものかなどの要素を再確認してみることで
失敗の原因がわかるかもしれない。

以上、起業に関する悩みとその解決策についていくつかまとめてみた。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る