起業の基礎知識

Share:

「起業なんてやめとけ」という意見に関して

WILLFUインターンの中井です。
今回は起業することについてやめとけと
言われたことがある方、話している方向けに
記事を書いてみました。

起業したいと考えている方であれば、
そのことについて誰かしらに相談して
「起業なんてやめとけ」と言われてしまった、
そんな経験をしたことがある方がいるのではないか。

実際、起業という職業に対してあまり
良いイメージを持っていなかったり、
実際にはないようなネガティブなイメージを
持ってしまっているという方も多少入るのではないだろうか。

起業することを「やめとけ」と
言われている人に対して伝えたいことを
いくつかまとめてみました。

起業なんてやめとけと言われた人に伝えたいこと

起業したいと考えているが、そのことを家族や友人、
上司に相談してやめとけと言われてしまう方は
少なくないのではないかと思う。

そして、そんな中でいろいろなことを言われ、心が折れそうに
なっている方もいるかもしれない。
そのような方に対して伝えたいことをいくつかまとめてみた。

①会社での修行は起業において必須ではない
会社で働いていて起業したいという方が
上司や家族などに言われることとして多いのは
「会社で修行してからでも遅くない」や
「将来的にスキルが身についてから起業すればいい」と
いった発言が少なくない。

しかし、起業に必要なスキルを会社で身につけられるかどうかで
言えば、そうでないことが多い。

なぜなら、会社で任される仕事の内容は「その会社にとっての利益」を
第一に内容が決まっていて、決して
「あなた自身が起業家として立派になるための修行」を
第一に決まっているものではない。

そして、起業家として働くとなると会社員時代のような
働き方では上手くいかないことの方が多い。
なので、会社で修行することは全く必須ではない。

②失敗したら大変なことになる
「起業して事業に失敗したら莫大な借金を背負うこととなり、
挙げ句の果てには誰からも相手にされなくなる。」
といった内容である。
しかし、ここには大きな矛盾がある。
それは「起業に失敗したら莫大な借金を背負う」というところである。

事業に失敗するだけでは起業家は借金は追わない。
起業家が借金を負ってしまうのは借金をするからである。
そして借金はお金を借りなければ、発生しない。
起業家は借金したくないなら、お金を借りなければ良いのである。

以上、起業をやめとけと言われることについて
まとめてきた。
その理由のほとんどは起業すらしたことない人による
発言でしかない。 よってそこまで気にする必要も
ないのではないだろうか。
最終的に重要なのは起業家自身の意思である。

この記事を読んで学生起業へ興味を持ち、
踏み出してみたいと思われた大学生の方は、
事業を実際に立ち上げて成功体験を積むことができ、
卒業生の2人に1人が起業する以下のビジネススクールもどうぞ。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る