卒業生インタビュー
2016.02.02

卒業生起業家インタビュー芹田清佳(筑波大学人間学群心理学類3年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

serita_top

「『起業スキル』が身につけば、『やりたい事』を仕事にできる」

筑波大学 人間学群心理学類 3年(受講時)
芹田 清佳
WILLFU STARTUP ACADEMY 第19期生

—自分に、自信が持てなかった—

大学1・2年生の自分を振り返ると、常に自分に自信が無く、モヤモヤしながら生活をしていました。
仕送りを貰っていないため、金銭面で周りと比べてコンプレックスを感じており、なんとか早く自立しないといけない、とアルバイトに明け暮れる毎日。
サークルにも入らず、遊びの誘いも断りながらひたすら働きました。
しかし、アルバイトを頑張りすぎた結果勉強時間がとれず、今度は勉強にもコンプレックスを持つようになってしまいました。

これを解決しようと、2年生までは全国の大学生を集めて100人規模の勉強合宿を主催する学生団体に所属し、渉外や会計等の運営に携わりながら合宿の企画に取り組むなど、コンプレックス解消のために色々な事に取り組んでいました。
そんな自分に転機が訪れたのは、2年の終わり頃でした。
serita_1

—友人の大きな変化と、自身の転機—

主催していた学生団体のイベントで知り合った友人と久しぶりに再開した所、元々自分で積極的に何かに取り組もうとする人ではなかった彼が、ドンドン前向きな発言をし、自分で事業を立ち上げようとしていて、めちゃくちゃ変わっていたんです。
今まで、人はそう簡単に変われないものだと思っていたので、この時の彼の変化には大きな衝撃を受けました。
その友人が通っていたのが、WILLFU STARTUP ACADEMYでした。

この友人の変化を目の当たりにして、自分に自信の無い私でもWILLFUに通えば何か変われるかもしれない、と最初は漠然と考えて入塾を決めました。

—半年間の学びと、価値観の変化—

結果的に振り返るとWILLFUでの半年間で、自分も大きく変わる事ができました。
特に大きな変化は2つありました。
1つ目は、「どんな大きな事業も、最初は小さく始まっている」ということを実感出来た事。
2つ目は、「周りの人を幸せにする」という価値観の変化でした。

1つ目は、第2クールの成功体験から得た学びでした。
この時は、浅草等の観光地で外国人観光客向けのチェキ販売を行ったのですが、元々自分の中での「起業」のイメージはもっと大きな事業に取り組んでいる状態だと思っていたんです。
そのため、最初は正直「チェキ販売なんて…」と思っていました。

実際最初にやってみた時には、数百円の金額設定でもなかなか売れず、「本当に大丈夫なのだろうか」と、かなり苦労しました。
しかし、チーム3人で毎日改善を繰り返し、「一緒に写真を撮りたい!」と思ってもらう為に着物を着てみたり、和傘を持ってみたり、チラシのかわりに折り鶴を配ったりと、付加価値を高め続けた結果、最終的には写真1枚を1,500円ほどで販売することができるようになりました。
始めたときはそもそも1,500円どころか、買ってもらえるのかも分からない状態だったため、このときの事は今でも鮮明に覚えています。

この経験から、どんな大きな事業も最初はこうやって小さな所から始まって、改善を続ける事で大きくなってきたんだ、という事を頭だけではなく肌で感じる事ができるようになりました。
serita_2

2点目について、これまで「将来は自分の周りの人を幸せにできる人になりたい」と考えていたのですが、その実現手段は「働いて稼いだ給料をどう使う事で周りを幸せにするか」という事でしか考えていませんでした。

というのも、今までやっていたアルバイトだと、自分の働きで直接誰かが幸せになっているという実感がイマイチ湧いていなかったからです。
しかし、事業を考える際には「誰の、どんな課題を、どんな手段で解決するか」という事をひたすら考え抜きます。
その上で実際にその事業に取り組んでみると、自分が考えて実行している仕事に対して「ありがとう」という言葉を頂いたり、「目の前のお客様を幸せにしている」という実感が強く湧くようになりました。

結果的に今までの価値観から目線が一段上がり、「自分の立ち上げた事業を通じて、人々の課題解決をする事で、自分の周囲の人も幸せにする」にはどうしたら良いか、という事を考えるようになりました。

—「やりたい事」を自ら仕事にする—

やりたい事があったら、それで「誰のどんな課題を解決できるのか」を考え、小さく始めてみる。
今まで普通に就職することしか考えていなかった私でも、3回の起業体験を経て、自然とそんな順番で物事を考えられるようになりました。
「起業」という選択肢が感覚としてリアルになる事は、確実に自分の将来の幅を広げてくれます。
serita_3

私と同じように、何となく現状にモヤモヤを感じている人や、やりたい事はあるけどどうやって実現していいか分からない人。
そんな人は是非一度、WILLFUに足を運んでみてください。
きっと、変われるキッカケがここにはあります。
これからも、私と同じような理由でWILLFUに通う方が、1人でも多く将来の選択肢を増やせるようになる事を、心から応援しています。






※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
学生起業を知識ゼロから|学生起業スクール WILLFU(ウィルフ) > 卒業生インタビュー > 卒業生起業家インタビュー芹田清佳(筑波大学人間学群心理学類3年)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示