卒業生インタビュー
2019.06.10

在学中の利益300万円超。大卒後、即起業。初月から売上100万円超に(近畿大学 経済学部 4年 石井智大)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【在学中の利益300万円超。
大卒後、即起業。初月から売上100万円超】

近畿大学 経済学部 4年(受講時)
石井智大
KINDAI STARTUP ACADEMY 1期生
株式会社IOBI 代表取締役社長

2018年4月にスタートした、近畿大学とウィルフの提携初講座 KINDAI STARTUP ACADEMYを4年時に受講。当時得ていた業界Top企業からの内定を辞退し、大卒後すぐ起業した石井智大さんに、今回のキャリア選択に至った背景を語ってもらいました。

ー甲子園でのスタメン落ち。プロ野球を諦め、就活へ全力ー

甲子園常連校で野球に取り組んでいた父親の影響を受け、
自身も、高校は甲子園の常連校、報徳学園へ進学。

熾烈なレギュラー争いに全力で練習を続け、
県大会では、スタメン出場できたものの、
念願の甲子園ではスタメン落ち。
本気でやりきった思いもあったため、
この挫折経験から、プロ野球への道を諦めました。

父親が近畿大学出身だったこともあり、
指定校推薦で近畿大学へ入学。
しかし、就活では、学歴フィルタがあると聞いていたため、
入学当初から、大学在学中は、
就活に役立つ経験の蓄積に注力すると決めていました。

ー就活対策の蓄積から、就活塾を設立ー

大学入学後は、すぐに自身でサークルを立ち上げ、
同時に、就活でのプレゼン力を磨くため、
アナウンススクールにも入塾しました。

具体的には、自身の野球経験を生かして、
野球サークルを立ち上げ。
20団体を超える学内の野球サークルを抑えて、
トップのメンバー数にまで成長させました。

結果、3年生で就活を始めると、続々と内定を獲得。
キャリアセンターの職員から
「うちの大学からは、学歴フィルタで無理」
と言われていた会社へも、エントリーシートを通過。

留年していた友人からは、
「お金払うから、エントリーシート添削してよ」と言われ、
気づくと就活塾が立ち上がっていました。

ーボロクソに言われる日々。仲間も離脱ー

しかし、いざ本気で就活塾を事業として拡大しようとすると、まったく拡がらない。
知人からお金をもらうのと、
マスマーケットへ拡大するのとは、
大きなギャップがあると痛感しました。

そこで、新規受講生が募集されていた
KINDAI STARTUP ACADEMYへ参加。

他受講生には、事業を立ち上げている人もいなかったこともあり、
既に事業を立ち上げていた自分は一つ抜けた存在。

授業中も、議論を先導できており、
授業内での事業立ち上げ競争も、
利益額一位になれると高をくくっていました。

しかし、自身の事業計画をプレゼンしてみると、
メンターとして授業に登壇していた上場起業家から、
ボロクソに言われました。

「怪しい情報商材と同じじゃないの?」
「自己満じゃないの?」
「本質的に、価値あるサービスになってるの?」

自信を持っていたが故に、
何を言われているのかも理解できず、
「この人は何もわかっていない」と感じてしまっていました。

実際、利益額ランキングでも一位になれずじまい。
それ以降の授業では、
斜に構えてしまい、
議論で詰められている他授業生を、何頑張っちゃってるんだと
半笑いで眺めていました。

すると、担当講師から
「事業を磨こうと、頑張って努力している人を笑うなら、出て行け。
プライドだけ高くて、成長できない人は、もう来なくていい」
と、言われる始末。

その後、一緒に事業を立ち上げていた仲間も、
ついて行けないと、離れていってしまいました。

ー挫折から、成長へー

仲間からも裏切られ、
上場起業家からもボロクソに言われ、
講師からも授業に来なくていいと言われる。

そんな中、初めて自分が、
自己満足に陥り、
思考が浅いまま成長できていない
という事実に気づきました。

そこから、事業が成長を始めました。

これまで、事業構造ができていないと言われ続けてきた点を見直し、
顧客視点に立って、サービス設計も全面を見直し、
事業収益を生み出すために必要だと言われるレベルまで、
努力レベルも磨き上げてみました。

結果を出すまで、逃げない。

そう決めて受講中、最後の事業立ち上げに取り組むと、
初回の事業立ち上げ期間で10万円、
二回目の事業立ち上げ期間で10万円だった事業収益が、
最後の事業立ち上げでは100万円を突破。

一つ、収益の桁が変わりました。

そこから事業が動き始め、
在学中の創出利益は300万円にまで到達。

ー支えてくださるお客様の声、起業を決意ー

これまでは、「起業」という選択肢が、
「将来、いつかやりたいもの」に過ぎなかったため、
リアルな選択肢として考えたことがありませんでした。

そのため、大学を卒業すれば、
当然就職するものと思っていました。

一方で、目の前の売上利益が成長を続ける中、
自分でもできるのではないか、
いや難しいのではないか、
業界トップ企業への就職をやめていいのか、
4年生最後の1,2,3月と、ギリギリまで悩み続けました。

しかし、取引先のお客さまに相談したところ、
「できるならやった方がいいよ」という声を頂き、
お客さまから背中を押されたことで、
決断できました。

内定先にはご迷惑をおかけしましたが、丁重に内定を辞退し、
2019/4/10に株式会社化。
5月からは、WeWorkにオフィスも構えました。

今後は、就活塾に加えて、人材紹介サービスでの事業成長を描いています。
就活のプロとして、一人ひとりのキャリア選択へ真摯に寄り添い、
顧客満足度トップの人材エージェントになれるよう、頑張ります。

受講生が1,500人を突破!
「渋谷」で開講する、
学生が起業を学ぶビジネススクールに
ご興味をお持ちいただいた方は、
↓下記のボタンをクリック!↓





※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
学生起業を応援するビジネススクール&学生起業家シェアハウス。株式会社ウィルフ(WILLFU) > 卒業生インタビュー > 在学中の利益300万円超。大卒後、即起業。初月から売上100万円超に(近畿大学 経済学部 4年 石井智大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示