起業の基礎知識

Share:

2013年IPOした創業者、報酬リターンは平均「50億円」!

 

2013年にIPO(新規株式公開)した企業の創業者が、
どれだけのキャピタルゲインを得ているのか調査
したところ、平均額は、50億円だった!

 

調査対象は、成長企業を上場対象にしている東証マザーズ。
2013年にマザーズに上場した企業は32社。

 

以下のリストは、推定資産が高い順で並べた。

創業者の上場直後の推定資産は、
「『創業者の株式シェア』×『上場時企業価値』」で算出。

 

ipoリスト

*基本情報は、マザーズHP東京IPOを参照した。

 

 

 

平均企業価値は「179億円」、
平均推定資産は「50.5億円」。
すごい。

 

IPO数は、4年連続で増加している。

日経新聞によると、14年の新規上場は

70~80社になるとの見方が多く、IPOブームが続く。

 

 

一方で、毎年起業する人は、約15万人。
IPOまでたどり着く確率を計算すると、0.021%。
とすると、IPOにより得られる期待値報酬は105万円。
※正確な計算ではないが、50億円×0.021%で試算。

 

たったの105万円。
こう考えると、安易に「起業=儲かる」という話ではない。

 

正確には、「起業=収入のブレ幅の大きさが得られる」ということ。

 

 

そのため、起業するには、
「報酬以外にやりたいことがある」
「新サービスを通じてより良い社会を実現したい」
「成長スピードを最大化したい」等、
「儲かる」以外の目的が必要なのではないだろうか。

 
 
 
 
WILLFU Lab(ウィルフラボ)とは?
起業志望の学生がちょっと気になる疑問を、 解決するラボです。
 





※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

WILLFU Startup Academy

」と「との
を通じ、起業家への、最初の一歩を

大学生のための、
起業学校

オンライン説明会&
体験授業(無料)

起業家への踏み出し方が分かる説明会に加え、
「質がいい起業アイデアの創り方」の体験授業が無料で、同時に受けられるチャンス!

体験授業&説明会も、すべてオンライン開催致します。

「起業へのステップを学び、
成長角度が上がる1時間」

  1. 起業のメリットとリスクとは?学生起業と社会人起業の違い、学生起業家の金銭的リターン、起業学生のキャリア/就活
  2. 起業家になるために必要なものとは?〜先輩起業家の学生生活を分析して分かったこと〜
  3. WILLFU STARTUP ACADEMYで
    できること
  4. 体験授業「質がいい起業アイデアの創り方」
  5. 料金、日程、質疑応答等
「大学生のための
起業の学校」を見る