マーケットリサーチ
2014.01.24

【起業に必要な資金】最低約69万の資金で、起業はできる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
起業を考える人は、実際いくら資金を準備すれば良いのか? 
今回、起業する上での必要資金を調査したところ、 
初年度約69万円あれば、起業できることが分かりました! 
その内訳を、以下に示しています。 
 
 
起業するのにかかる資金は、大きく分けて 
「会社の設立・運営」、「サービスの開発・運営」 
の2つあります。 
 
サービスの開発や運営資金は、 
サービス内容によってバラバラであるため、 
今回は、「会社設立・運営」について起業後1年間に必要な資金と、 
その内訳を調査しました。 
 
 
結果を以下の表に示しています! 
 
この表より、起業に必要な資金を 
以下の4つのモデルに分けて、シミュレーションしてみました。 
 
A: 自宅で1人で起業する場合 
B: シェアオフィスで、3人起業する場合 
C: レンタルオフィスで、3人起業する場合 
D: 賃貸オフィスで、3人起業する場合 
 
 
起業への必要資金リスト
 
 
4つのモデルで大きく異なるのが、 
この『オフィス関連費用』と『オフィス家具費用』。 
 
 
前者、オフィスの違いは、以下のようになっています。 
 
◆自宅オフィス 
登記した自宅を事務所にすることで、他にオフィスを構える 
必要がないため、必要額は0円。 
 
◆シェアオフィス 
様々な企業もしくは団体が、同じスペースを共有して使うため、 
安く借りられ、デスクもイスも備え付けのため、必要額は 
日々の使用時間に対するコストのみ。 
 
◆レンタルオフィス 
ワンフロアが区切られて、各企業がその一区画を借りる形態。 
通常、デスクもイスも備え付けられている。 
必要額は、毎月の賃料と初期費用。 
 
◆賃貸オフィス 
物件の一部屋を借りるため、初期費用として敷金・礼金や 
保証金、毎月の賃料が発生する。さらに、デスクもイスも全て 
調達しないといけないため、オフィス家具も必要額に含まれる。 
 
 
 
必要資金調査の結果、 
自宅オフィスで済ませる場合は、最低資金で『約69万』 
最も必要資金がかかる、賃貸オフィスの場合は『約316万』 
ということが分かりました。 
(ただし運営資金については、あくまで相場から見積もった数値です。) 
 
 
また、HPやメールアドレスの取得をしない場合は、
それ以外の各種手続きの費用だけで、設立が可能です。
 
 
将来起業する方は、ぜひこちらを参考にして 
起業のための資金準備を、進めてみてください! 
 
 
 
 
WILLFU Lab(ウィルフラボ)とは?
起業志望の学生がちょっと気になる疑問を、 解決するラボです。
 





※現在、弊社では絶賛、人材採用中!
→詳しくはこちら(採用ページ)をご覧下さい!

※Willfu Labの更新をチェックする方は、フォロー!

  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会&体験授業申込受付中!無料 詳細を見る
本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る

ABOUT

Author: WILLFU

WILLFU Labは、学生が起業を学ぶビジネススクールに取り組む株式会社ウィルフ(WILLFU)が運営しています。起業家に役立つ情報を多数配信中です。

CATEGORY

RELATED ENTRY

学生起業を応援するWEBメディア
学生起業に役立つ情報を多数配信中!
  • 学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY 詳細を見る
  • 説明会 & 体験授業申込受付中!無料 「事業アイデアの質の高め方」講座の体験授業が、「無料」でできる説明会!弊社社長が登壇します!詳細を見る
  • 本気の学生起業家のためのシェアハウス WILLFU STARTUP VILLAGE 詳細を見る
学生起業を知識ゼロから|学生起業スクール WILLFU(ウィルフ) > マーケットリサーチ > 【起業に必要な資金】最低約69万の資金で、起業はできる!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン用サイトを表示